スポンサードリンク




Today's RSS Information


[ "3次元CAD" ] のgooブログ/フィード記事検索結果(スコア1以上)

3次元CAD info No.1 : Windows 7対応の3次元CAD【3DCAD:対応OS】
3DCAD :Windows 7対応 代表的な 3DCAD におけるWindows 7対応の状況について以下にまとめます。 ■ SolidWorks系(対応バージョン「2010 SP1」) SolidWorks SolidWorks Professional SolidWorks Premium SolidWorks Simulation SolidWorks Flow Simulation SolidWorks Enterprise PDM ■ ダッソー・システムズ製品系 CATIA (対応バージョン「V5R20」) ■

3次元CAD info No.2 : 3次元CAD利用技術者試験
は昨年、技術部全員のレベルアップという事で 技術部全員が3次元CAD利用技術者試験2級に チャレンジ致しました。 試験日は昨年の12月12日(日)で 試験会場はJR「お茶の水駅」から徒歩3分のところ にある中央大学駿河台記念館で行われました。 この日は

3次元CAD info No.3 : 就職氷河期
有利だった事は言うまでもありません。 商業系の高校を卒業された方なら、持っている方も多いでしょう。 社会保険労務士の試験勉強 通信制と通学制 AFP認定研修の提案書作成 中学受験教材 テーマや課題 心理学の宣言的知識 3次元CAD利用技術者 CAD利用技術

3次元CAD info No.4 : 義歯設計も3D時代 デンタルサポート
?介護を連携。「医療?介護分野のワンストップサービス」の提供を目標にしている。 平成21年3月期で67億円の売り上げを計上しており、新たに3次元CADを使った義歯製作サービスを収益の柱に育て、100億円のグループ売上高を目指している。 寒竹社長

3次元CAD info No.5 : 人気の金型設計求人はこちらから
の・CAD.コストパフォーマンスに優れ3Dによる(スーパーやコンビニの(スーパーや2Dによる・土木CADのことは機械・プラスチックの募集.3Dによる・製造の企画・機械を駆使した自動車用CAD機械二色成形までをつけたりすることならCAD製図用プレス、外観部品の3次元3次元、1

3次元CAD info No.6 : マイガー
3次元CAD利用技術者試験の合否の通知がきた 二級は受かっていた、一級はやはり落ちていたorz 残念だが仕方が無い、半年後もう一回受けるか 会社でcadとメカニカルを使っている 3Dモデリングは搭載しているが誰も使わないし誰も知ら

3次元CAD info No.7 : チームで仕事をすること
私を含め3人のチームで月一回の発行を目指すのだが、私以外の2人は 経験者で・・。 初めて発行する機関紙は、インパクトのあるものとしたいと、表紙一面に 大きな写真を一枚添付し、更に加工を施し、内容も今までにないぐらいに にぎやかなもの

3次元CAD info No.8 : "誰よりも早く"操作できるように・・・
こんにちは、新卒採用グループ満留です。今回は3次元CADを自由に操る、エンジニアを紹介します!少年時代から夢は技術者だった航空機もロケットも自動車も・・・色んなことには興味があったそうです。たくさんの

3次元CAD info No.9 : 3次元CADによる図形処理
3次元CADによる図形処理 2011-01-12 最新資料 箱庭療法 ヘルパーNO4 ヘルパーNO3 ヘルパーNO2 ヘルパーNO1 ...

3次元CAD info No.10 : AMADA展示場見学
付きということで、現在の自社の設備と比べると 今まではできなかったものが、この機械ならできるというものが いくつもありました。 プログラムも、3次元CADを使用してのデータ作成や加工指示により 品質等も向上し、仕事の幅も広がるなと思い



Category 【 3DCADニュース 】

エリジオン【3DCAD:データの変換ソフト】

「エンジニアの理想郷を求めて」

以下、記事抜粋
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
記事参照元↓
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081211/119047/

 3次元CAD(コンピューターによる設計)データの変換ソフトで、世界シェアトップの35パーセントを握る企業が静岡県浜松市にある。社員数74名(2008年10月末)のエリジオン。全社員中33名を、小寺敏正代表取締役社長(55歳)も含めて東京大学出身者が占める。1999年創業で平均年齢約31歳と若く、経常利益率は平均30パーセントを超える。地方都市の中小企業が、東大卒の若者を引きつける理由と、その強さを探る。

以下、URL:http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081211/119047/ 参照
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

うーん、なかなか興味深い記事でした。

(1)〜(6)まで一気に読みましたが、開発現場の雰囲気の良さが伝わってくるようでした。

年収も*****万円ということらしく、とても地方都市の中小企業とは呼べないほど、考え方も技術も待遇もすばらしいと感じた次第です。

日本には純国産3DCADが少なく、その手の業種では欧米ベンダーに対抗できないのかと考えておりましたが、いやいやすばらしい会社が存在していることも知らず、勉強不足を痛感致しました。


Category 【 IronCAD 】

IronCADバージョン11【3DCAD:新バージョン】

IronCAD社から3次元設計ソリューション(3DCAD)の新バージョンが発表されました。

以下、記事抜粋
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
記事参照元↓
http://www.cadjapan.com/news/d20081209_01.html

設計効率を向上させる3次元設計ソリューションを展開しているIronCAD社が、3次元設計ソリューションの新バージョン「IronCADバージョン11」を発表した。「IronCAD」は、あらゆるタイプの製品設計を効率的に行うための3次元設計ツール。同じ設計環境下でヒストリーベースのパラメトリック設計とジオメトリを直接操作可能なダイレクト設計を組み合わせることにより自由度の高い設計を可能にしている。新バージョンの特長には、
・32ビット版、64ビット版のWindows XPとVistaのサポート
・ユーザーインターフェースの機能強化
・レンダリング機能の強化
・「CATIA V5」、「Pro/ENGINEER」、「UG」に対するインポート、エクスポート機能の強化
などがある。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

IronCADもバージョン11になるんですね。

小生のまわりではIronCADユーザーがなかなかいないので、使い勝手がどうなのかわかりませんが、「CATIA V5」、「Pro/ENGINEER」、「UG」に対するインポート・エクスポート機能が強化されるということですから、益々3DCAD間の壁が低くなってきている感じがします。


Category 【 3DCADニュース 】

DS Design Studio【3DCAD:設計支援ツール】

3DCADベンダーのDassault Systemes社から設計支援ツール「DS Design Studio」が発表されたようです。

以下、記事抜粋
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
記事参照元↓
http://www.cadjapan.com/news/d20081202_01.html

3次元設計、解析および製品ライフサイクル管理ソリューション(PLM)の世界的リーダーであるDassault Systemes社が、設計支援ツール「DS Design Studio」を発表した。本製品は、製品の3次元イメージ化を支援する最先端技術を搭載した設計用ソリューション。バーチャルな世界の中にクレイモデルを作成することによって、2次元のスケッチと同じようにゼロからモデルのイメージを作り上げることができる。また、作成した形状を正確に出力する機能を持つため、設計グループ内の効率的なコミュニケーションツールとして利用することも可能である。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

>バーチャルな世界の中にクレイモデルを作成することによって、2次元のスケッチと同じようにゼロからモデルのイメージを作り上げることができる。

直感的にモデル作成を行えるようなので、デザイン上流での利用において有利と考えられます。

確かに、3DCADやってると粘土細工みたいに変形・加工できたらいいなと考えることがあります。

そういう点では、個人的に触ってみたいツールです。


Category 【 CAE 】

射出成形CAEソフトウェア「3D TIMON」

アンドールから東レエンジニアリングの射出成形CAEソフトウェア「3D TIMON」が発売されるようです。

以下、記事抜粋
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
記事参照元↓
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/33/20024133/

提携:アンドール、射出成形CAEソフトウェア「3D TIMON」を発売

 アンドール株式会社は、東レエンジニアリング株式会社と販売契約を締結し、東レエンジニアリングの射出成形CAE(Computer Aided Engineering)ソフトウェア「3D TIMON」を、発売した。価格は、120万円から(保守料別)となっている。

 「3D TIMON」は、3次元CADデータを取り込んで解析できる射出成形CAEソフトウェア。解析モデル作成と解析結果の確認を行なう“Pre/Post”や充填解析、保圧冷却解析、繊維配向解析、そり変形解析、解析ソルバー群といった複数のモジュールから構成されている。追加のオプションモジュールとして、プラスチックレンズの複屈折解析を行なう“OPTICS”や、インサート一体そり解析の“INSERT”、LCP(液晶ポリマ)を用いた超薄肉製品用の“Super-Thin”が用意されている。

・・・・・・以下、http://www.keyman.or.jp/3w/prd/33/20024133/ 参照
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

射出成形やダイカストなど、熱流体の挙動をシミュレーションし、かつ凝固の問題を含む事象について数値解析を行うことは、非常に有益な情報を得ることが出来る一方で、使い方次第によっては、全く当てにならない解を出してくるので、慎重にその妥当性を判断することが重要になってきます。

おそらく、そこがノウハウになるんだと思います。

まあ、それはCAE全般にいえることではありますが・・・。


Category 【 Rhinoceros 】

Rhino 4.0用データ変換ツール【3DCAD:Datakit社】

Datakit社から「Rhino 4.0」用データ変換ツールが発表されたようです。

以下、記事抜粋
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
記事参照元↓

CAD/CAMシステム間のデータ変換ソフトウェアを開発しているDatakit社が、「Rhino 4.0」とのインポートおよびエクスポートを可能するデータ変換ソリューションを発表した。本製品は、「SolidWorks」をはじめ、「Inventor」、「CATIA V4」、「CATIA V5」、「SolidEdge」、「NX」、「Parasolid」、「Pro/Engineering」、「ACIS」といった主要なCADシステムと「Rhino 4.0」の間でネイティブなデータ交換を可能にするツール。1つの製品内で幅広くCADシステムをサポートしているため、設計者は効率よく設計データを活用できる。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

> 本製品は、「SolidWorks」をはじめ、「Inventor」、「CATIA V4」、「CATIA V5」、「SolidEdge」、「NX」、「Parasolid」、「Pro/Engineering」、「ACIS」といった主要なCADシステム・・・・

確かに主要3DCADはおさえてあるようです。

最近は、3DCADデータについていろいろなネイティブデータ交換ソフトが発売されており、3DCADユーザーとしてはとても有難いことです。