スポンサードリンク




エリジオン【3DCAD:データの変換ソフト】 : 3DCADニュース

エリジオン【3DCAD:データの変換ソフト】

「エンジニアの理想郷を求めて」

以下、記事抜粋
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
記事参照元↓
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081211/119047/

 3次元CAD(コンピューターによる設計)データの変換ソフトで、世界シェアトップの35パーセントを握る企業が静岡県浜松市にある。社員数74名(2008年10月末)のエリジオン。全社員中33名を、小寺敏正代表取締役社長(55歳)も含めて東京大学出身者が占める。1999年創業で平均年齢約31歳と若く、経常利益率は平均30パーセントを超える。地方都市の中小企業が、東大卒の若者を引きつける理由と、その強さを探る。

以下、URL:http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081211/119047/ 参照
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

うーん、なかなか興味深い記事でした。

(1)〜(6)まで一気に読みましたが、開発現場の雰囲気の良さが伝わってくるようでした。

年収も*****万円ということらしく、とても地方都市の中小企業とは呼べないほど、考え方も技術も待遇もすばらしいと感じた次第です。

日本には純国産3DCADが少なく、その手の業種では欧米ベンダーに対抗できないのかと考えておりましたが、いやいやすばらしい会社が存在していることも知らず、勉強不足を痛感致しました。