スポンサードリンク




EnSuite バージョン2【3DCAD:ビューワー・データ変換】

3DCAD支援ツール:EnSuite バージョン2

CAD支援ツール「EnSuite バージョン2」の機能強化が発表されたようです。

以下、記事抜粋
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
記事参照元↓
http://www.cadjapan.com/news/d20081007_01.html

CAD/CAM用のデータ変換ソリューションとエンジニアリング向けサービスを提供しているCCE社が、CAD支援ツール「EnSuite バージョン2」の機能強化を発表した。本製品は、「CATIA V4」、「CATIA V5」、「Pro/ENGINEER」、「Unigraphics」、「SolidWorks」などの主要なCADシステムとのシームレスな連携を可能にするビューイング機能とデータ変換機能を持つソフトウェア。今回は、様々な部品構成に対応するためにコンポーネントの変形や回転などを可能にする機能が追加されている他、コラボレーションの向上を支援する機能強化がなされている。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

このソフトは、3DCADの支援ツールとして単なる3DCADビューワーだけでなくデータ変換機能もあるようです。

対象となる3DCADは、

■「CATIA V4」
■「CATIA V5」
■「Pro/ENGINEER」
■「Unigraphics」
■「SolidWorks」

ということですから、ほぼメジャーどころの3DCADは対応しております。

なかなか強力なツールといえるのではないでしょうか。


AutoVue【3DCAD:ビューワー(日本オラクル)】

3DCADビューワー:日本オラクル

日本オラクルから製造業向け製品開発における可視化アプリケーションが発表されたようです。

以下、記事抜粋
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
記事参照元↓
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=200016&lindID=1

「AutoVue Enterprise Visualization 19.3」は、電子機器、半導体製造、工作機械、自動車メーカーなどの製品開発チームが作成した3次元CAD(Computer Aided Design)形式のデジタルモックアップ、設計図面、組立指示書など約450種類のデータ閲覧と共有に対応し、関連部門と社外関係者のグローバルな連携を強化するビジュアライゼーション・アプリケーション(※)です。

※ ビジュアライゼーション アプリケーション:ユーザーは専用ソフトウェアを購入せずに、開発製品の設計図面や3次元CADで作成したデジタルモックアップ、各種技術文章などの閲覧と共有を実現するビューワー・アプリケーション

同製品の主な特長は・・・・

以下、http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=200016&lindID=1 参照

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

価格はいくらかといいますと、

・1ユーザー13,125円(税込み)
・最小購入ライセンス250ユーザー

なんだそうですが、最小購入ライセンス250ユーザーということですから、これを導入・活用できる企業はなんだか限られてくるような・・・。

まあ、いわゆる大・中堅規模の企業でないと難しいような・・・。

とはいえ、中小の企業の中において精力的に3DCADを導入されており、3DCADの導入効果を出されているところは有効であると個人的には感じてます。

最小購入ライセンス100ぐらいからにしてもらえませんかね・・・。


マルチCAD対応ビューワー・データ変換【3DCAD:EnSuite】

マルチCAD対応のビューイング・データ変換ソフト

CCE社からデータ変換ソフトウェアが発表されたようです。

以下、記事抜粋
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
記事参照元↓
http://www.cadjapan.com/news/d20080604_01.html

CAD/CAM用のデータ変換ソリューションとエンジニアリング向けサービスを提供しているCCE社は、マルチCADに対応したビューイングとデータ変換を行う同社のソフトウェア「EnSuite バージョン2」が、「Pro/E Wildfire 4.0」、「Unigraphics NX5」、「Parasolid 19」をサポートしたと発表した。本バージョンによって、「Pro/E Wildfire 4.0」、「Unigraphics NX5」、「Parasolid 19」の各ファイルへのアクセスができるようになった。さらに「CATIA V4」、「CATIA V5」、「SolidWorks」、「IGES」、「STEP」など既にサポートしているCADファイルとのデータ変換も可能である。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

変換できる3DCADデータとして、

・Pro/E Wildfire 4.0
・Unigraphics NX5
・Pro/E Wildfire 4.0
・Unigraphics NX5
・CATIA V4
・CATIA V5
・SolidWorks
・Parasolid 19
・IGES
・STEP

など、主要3DCADフォーマットは押さえてあるようです。

それにしても、色んな会社から変換ソフトが出されますねー。一体どれを買えばいいのか分からない・・・。


フリー3DCADビューワ:JT2Go

無償の3D ビューワ:JT2Go

UGSから無償の3D ビューワ:JT2Goが出ているようですね。

既に利用されている方が沢山いらっしゃると思いますが、参考でアップしておきます。

ダウンロード先はこちら↓
http://www.ugs.jp/plm_components/jtopen/index.html

以下、記事抜粋
----------------------------------------------------------------------------------
JT2Goバージョン2007を今すぐダウンロード!

JT2Goは世界中で圧倒的なシェアを誇る無償の3D ビューワです。この無償のJT2Goをダウンロードして使用すれば、誰でもJTデータをすぐに表示することができます。さらに、JT2Goでは、以下のMicrosoft Officeドキュメントに3D JTデータを直接埋め込むことができます。

Wordファイル(見積り依頼などに)
Excelファイル(技術報告書などに)
PowerPointファイル(設計レビューなどに)

JT2Goビューワはライフサイクル・プロセスを通してサプライヤとその顧客の連携をスムーズにします。JT2GoはシーメンスのTeamcenter for Lifecycle Visualization をベースにしているため、簡単にアップグレードして高度なPLMプロセスにも対応可能です。

今回の新しいリリースでは、使用許諾契約の内容が変更され、ユーザによるJT2Goの再配布が可能となり、“Tell a Friend”ボタンをクリックするだけで世界中のダウンロード・サイトを知人に通知できるなど、JT2Goの共有がしやすくなっています。

JT2Goでは、2D図面(CGM、TIFデータ)の操作はもとより、3D部品や3Dアセンブリのインタラクティブな操作が可能です。さらに、JT2Goには、Teamcenter for Lifecycle Visualization に含まれている最も汎用的な2つの機能、Basic 3D Measurement(3次元計測のベーシックな機能)とBasic 3D Sectioning(3次元断面作成のベーシックな機能)も使用期間限定のトライアル版として搭載されています。

JT2Goビューワをダウンロードすれば、これらの機能を90日間試用することができます。
----------------------------------------------------------------------------------